まだ間に合う!tsu(スー)の概要と登録方法

最近、いろんなところで聞くようになったtsu(スー)ですが
私もWebサービスの提案をやっている以上、使ってみなければ!

ということで本日登録してみました。

tsuの概要と登録のしかたをまとめてみましたのでご覧ください。

tsuとは

tsuは完全招待制のSNSで、機能はFacebookとほとんど変わりません。

ですからFacebookユーザーであれば、違和感なく利用できます。

しかし、Facebookとの決定的な違いが一つあります。

それは稼げるSNSであるという部分です。

どのようにして稼ぐことができるのか

tsuはコンテンツを登録すると、その隣に出稿されているGoogleアドセンスやtsuの独自広告から得られた利益がtsuの運営側に入る仕組みです。

広告収入

通常のSNSであれば、その報酬は全額運営側に入りますが、その広告の9割をユーザー側が手に入れることができます。

tsuのFAQで確認するとユーザー側が90%、tsuの運営側を10%としています。

そして驚くことに!

なんとあなたがもし誰かをtusへ専用のリンクで招待し、その招待したユーザーが広告収入をえれば、あなたもその報酬の一部を得ることができます。

なんだか昔流行ったネットワークビジネスを思い出しますが、tsuの場合は全て無料です。

報酬体系について

ユーザー体系
元々tsuユーザーとして登録していたAさんがいます。

AさんはBさんを招待しました。(Aさんからみて「子」)

BさんはCさんを招待しました。(Aさんからみて「孫」)

CさんはDさんを招待しました。(Aさんからみて「ひ孫」)

このような状態にあるときDさんに広告収入として100ドル発生しました。

まずtsu側が10%取ります。

その残りをわけた場合

報酬体系

このような権利収入を得られるようになります。

今回はDさんの報酬で考えてみましたがBさん、Cさんの広告収入が発生することも考えられます。

仕組み的に先行者有利なのは間違いないので今のうちに登録しておきましょう。

tsuへの登録方法

tsuは完全招待制ですので、既に登録をしている誰かに招待してもらわないと登録ができません。

私から登録して頂く場合はこちらからどうぞ⇒https://www.tsu.co/Kou_Jpn

すると次のような画面が表示されます。

ユーザー登録

プロフィールを入力します。

Name ⇒ 名前、苗字
Username ⇒ ユーザーネーム(tsu内で表示されます)
Email ⇒ メールアドレス
Gender ⇒ 性別
Birth Date ⇒ 生年月日
Password ⇒ ログインパスワード

すべて記述したら次へ進みます。

詳細プロフィール

詳細プロフィールを記述します。

profile  ⇒プロフィール写真
Cover   ⇒背景画像
Bio    ⇒自己紹介
Phone   ⇒電話番号
Web site ⇒運用しているWEBサイト
Relationship Status⇒交友関係
Current Location ⇒住んでいるところ
Hometown ⇒出身地
youtube ⇒ YouTubeアカウント
Tumblr ⇒ Tumblrアカウント
Pinterest⇒ Pinterestアカウント

登録する内容は任意ですので必要の無い項目はスルーでOKです。
後で編集することもできますのでご安心ください。

画像編集

ちなみにプロフィール写真などの画像をアップロード後編集する事ができます。
色々試してみると面白そうです。

SNS連携

次に既にSNSを運用している場合は連携することができます。
運用していれば設定してみましょう。

フォロー

フォローします。
私の場合は外国の方々ばかりでしたのでフォローする人はいませんでした。

認証

登録したメールアドレスにtsuからメールアドレス認証のメッセージが届いていますので認証ボタンを押します。

tsuユーザー画面

完了すると設定した内容で管理画面が表示されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

使い方としては、tsuは他のSNS同様、ユーザーを囲い込む媒体として利用するのが主流になりそうですね。

ただ他のSNSと違いtsu内に表示される広告から収益を生み出せる、2ティア3ティアの権利収入があるという点があるので、特にネットビジネス関係者に人気がでそうです。

私もこれから色々さわってみて、ノウハウができたらご紹介していきますね。

ただ基本的な事は、やはり誰に見てもらいたいのかということ。

いくら活発に情報発信したところで一貫性の無い情報ではファンは作れません。

その事については私がまとめている訪問者目線のサイト運営術でお伝えしていることに尽きますね。

まだの方は是非無料セミナーを受けてみられては如何でしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人


管理人:KOU


趣味は仕事と音楽(バンド系)
現役のWEBディレクターをしています


詳しくはこちら

このページの先頭へ