SEO対策の王道とは

SEO対策の王道

SEO対策はサイトア運営を行っていくうえで欠かせないテクニックです。

SEO対策イコール対Google対策と考えて頂いて良いでしょう。

どのようにしたらGoogleに好かれるか
そして順位を上げてもらえるか

この事をひたすら考え追求する技術です。

検索順位が10位以内に入っていなければ
キーワードにもよりますが無いものと一緒です。

また1位と2位を比較しても全くアクセス数が違ってきます。

アクセス数は直接売上に繋がってきますので
可能な限り順位を上げることをサイト運営者は考えるべきです。

Googleに好かれるサイトとは

Googleに好かれるサイトは
Googleが提供しているウェブマスター向けガイドラインを読んで頂くと明確にわかります。

大きく分けて

  • デザインとコンテンツに関するガイドライン
  • 技術に関するガイドライン
  • 品質に関するガイドライン

の3つに分類されて説明をされていますが
私は品質に関するガイドラインの基本方針に掲げられている

  • ユーザーの利便性
  • ユーザーに正直であること
  • 不正行為をしない
  • 独自性

の部分を最も重要視してサイト制作、運用を行うべきだと考えます。

外部SEO対策の現状

今までのSEOを考えると、いかに「外部からリンクをもらうか」という点に力を注いできました。

なぜならGoogleはサイトを評価するうえで、いかに質の高い他のサイトから多くのリンクを受けているからという点を重要視していたからです。

ですからSEOを仕事にしている業者さんの多くは、質の高いドメインを多く保有しクライアントのサイトへリンクを送るバックリンク手法をとってきました。

この記事を書いている現在でもバックリンク手法は有効です。

しかしリンク付けのタイミング、数、IP分散など非常に難しくなってきています。

受け取り側のサイトによってこれらの方法が違ってきますので、本当にSEOを専門としている方が行うようなナチュラルに近い対策でないとGoogleはその違和感に気づくでしょう。

いやGoogleは全てを知ったうえで、SEOスパムをしている業者を今のところは黙認していると言っても良いかもしれませんね。

これからとるべきSEO対策

スパム的な手法では、いつまで有効なのかわかりませんし、いつ圏外に飛ばされてもおかしくないですね。

ですから、これから先のSEO対策はウェブマスター向けガイドラインに沿って対策をしていくことが大切だと感じます。

ガイドラインに沿って対策を行う事、すなわち検索ユーザーのニーズに沿った充実なコンテンツを提供していくことで自然とナチュラルリンクを得られるようになるでしょう。

これからのサイト運営は外部要素のSEO対策を考える事に力を注ぐよりも

検索ユーザーは何を求めているのか
訪問してくれたユーザーが120%満足してくれるか

を追求していき、長いスパンで稼いでいけるSEO対策手法に切り替えるべきだと感じます。

コメントを残す

このページの先頭へ