これからのSEOはコンテキストを意識すべし

context

コンテキストという言葉

あなたは聞いた事があるでしょうか?

コンテキストとは、文脈や前後関係といった意味をもつ言葉です。

文章の流れ、そして意識すべきところはサイトへ訪問してくれた人の利用の流れを把握したうえでの文章を構成しているか

これがコンテキストSEOで重視すべきポイントです。

コンテキストが重要視される背景

あなたはGoogleで何か検索するときに、まずはダイレクトに調べたいキーワードを入れて検索すると思います。

そして得られた結果に応じて検索するキーワードを変えていくということをした事があると思います。

Googleはこの検索するユーザーの行動に着目して特許を取得しています。

この技術はハミングバードアップデートと大いに関係していると言われており、アップデート以降、ただの単語検索から人と会話するような柔軟性が生まれました。

この事からもGoogleはコンテキストを重視しているということがわかると思います。

訪問者の価値を考えた文章作り

『コンテキストを意識した文章』と考えるとハードルを高く感じますが『訪問者の価値を考えた文章』と考えるとどうでしょうか?

誰に対して情報を発信しているのか明確になっていれば、それほど難しい事ではないですよね。

あなたのサイトへ訪問してくれた人は何の目的があって訪れてくれたのか?

例えばこのサイトですが

どうすればサイトを使って成果をあげられるか?

という悩みを持っている企業のサイト運営者さん、個人のアフィリエイターさんなどが訪れます。

その方に向けて『あなたのサイトはこのような意識をしていますか?』という問いかけをしています。

もしかするとあなたのサイトはこうじゃないですか?

でもこのようにしないと成果が上がりませんよ?

というように、あなたが知りたい現状の改善策を常に意識して情報提供をすることを心がけています。

『こうするべきだ!』という情報ではなく、『あなたのこの部分を改善すべきでは?』というスタンスがこのサイトのコンテキストSEOに繋がっています。

現役WEBディレクターの私がサイト運営で悩んでい方へ改善ポイントをお伝えするサイトだということがコンテキストを意識したこのサイトのSEO対策です。

被リンクからの脱出

ターゲットサイトへの被リンクは現時点でも重要な要素ではありますが、同じくらい重要になってきているコンテキスト

危険をおかして外部対策を主にするSEO業者に頼んで被リンクをつけるより、訪問者の為になる情報を1記事でも配信した方が良いでしょう。

質の良い記事を作成することで自然と被リンクも増えていきます。

自作自演のリンク付けからはもう卒業しましょう

あなたのサイトへ訪れてくれた人の心にささるコンテンツ

これこそが自作自演の被リンクに勝る武器となります。

コメントを残す

このページの先頭へ