アフィリエイトサイト実況1回目:商品選定

アフィリエイトサイトを制作していく中で一番最初に考えるのは、「何の商品をホームページ訪問者へ紹介するのか」ではないかと考えます。

他にもホームページへ訪問してくれる人を想定したうえで、その人が求める商品を紹介するという考えもあります。

色々やり方がありますし自分に合った手法で進めていくのが一番だと思います。

この企画ではいろんな進め方を紹介していきたいと思いますが、今回は何を紹介するかから始めて、選んだ商品を誰に紹介するかの流れで進めていきたいと思います。

というわけでアフィリエイトサイト実況1回目は商品選定を行います。

自分が運営しやすい商品を選ぶ

アフィリエイトする商品を選ぶ時に一番最初に考えたのはこの商品なら運営できそうだと思える商品なのかということです。

実際にお客様の物販サイトをディレクションするときは、その商品の特徴、ターゲット層、ライバルなどを事細かく分析して、成果の上がるサイトを構築していきますが…

今回はアフィリエイト

アフィリエイトの良いところは自分で好きな商品を選べること!ですね♪

何も自分の不得意なところで勝負する必要はありません。

記事を書きやすい、商品購入者の心理を読みやすい商品を選べばいいのです。

そういう事で私は、ひざ痛、高血圧、睡眠障害など身体的な悩みを解決するものでアフィリエイト商品を絞っていきました。

私にとってこれらのジャンルは得意というわけではないのですが、アフィリエイト商品数が多いのとネット上からたくさんの需要が拾えそうだったので、それらの情報を元にサイトを制作していけると判断したからです。

ちなみにアフィリエイト商品の選定はA8.Netを使用しました。

通常であれば複数のASPを調べてライバルの少ない商品、報酬率の高い商品を選ぶと思いますが今回は割愛します。

報酬の発生しやすい商品、報酬額の高い商品を選ぶ

商品によって報酬の発生する条件や報酬額がバラバラです。

せっかくなら簡単に報酬が発生して、報酬額の高いものを選びたいですね。

ただし、そういった商品はライバルが多いものです。

その辺は選ぶキーワードでライバルを減らすことができますが、現時点では条件を1つ追加して審査有りの商品を選んでみようと思います。

アフィリエイト商品は即時提携ができるものと、審査が入って承認が得られてはじめてアフィリエイトできるものがあります。

ですから審査有りの商品を選ぶことで少しでも同じ商品を紹介するライバルを減らそうと思います。

簡単に報酬が発生して、報酬額が高く、審査有りの商品を調べた結果、

青汁、酵素ドリンク、ウォーターサーバー、腰痛解消、薄毛改善

などのジャンルが残りました。

継続していける商品、季節に左右されない商品

商品によっては夏季限定などの季節商品や、タレント・モデルを起用した旬の商品があります。

もちろん、これらの限定された商品でも問題はないですが、できるなら毎月、通年アフィリエイトしていける商品の方が報酬も継続して発生するのでやりがいがありますね。

戦略によっては春用、夏用、秋用、冬用など、トレンドを追って複数サイトを運営することも考えられます。

但し今回はシンプルに、そして確実に報酬を得たいと考えますので毎月コンスタントに売れそうな商品を選ぶことにします。

毎月需要があるかどうかは、Googleアドワーズのトレンドをチェックしてみると良いですよ。

そしてトレンドを調べた結果

青汁、ウォーターサーバー、腰痛解消

を候補に絞りました。

販売ページを確認

次に考えたのが、その商品のコンバージョン率です。

これから作るアフィリエイトサイトから1日50人販売サイトへ訪問者を誘導したとします。

その50人すべてがアフィリエイト商品を購入してくれたらコンバージョン率100%

半分の25人がアフィリエイト商品を購入してくれたらコンバージョン率50%

という考えです。

いくら商品に価値があっても紹介するサイトに魅力がなかったり、販売者が胡散臭かったりすればコンバージョン率が一気に下がります。

誰も購入してくれないなんて言う事もあるはずです。

そのようなリスクを考えたうえでは、長年ASPに登録されている商品を選ぶということも一つの手かもしれませんね。

さて今回は

  • 特商法がしっかり記載されていること
  • 所在が確かなこと(Googleマップで確認)
  • 株式会社が運営していること
  • 販売者に悪いうわさがないこと
  • スマホ対応がされていること
  • 見た目がよいこと(販促に力をいれているか)
  • 悩みが解決できることが記載されていること
  • 特典がついていること
  • 信頼性があること

などを重点的に調べてみて、結果的に腰痛解消の商品を選びました。

青汁もウォーターサーバーも相当レベルの高い販売サイトでした。

逆に腰痛解消のサイトは素人感のあるサイトでした。

しかし、その素人感に好感があり、本当に腰痛に悩む人を助けたいんだなと言う感情が伝わったので選んでみました。

商品の関連ワードを探り需要を調査

最後に念押しで、選んだ商品が本当に売れるものなのか調査をしてみます。

まずは商品名でYahoo!、Gooleを使い検索をしてみます。

次にこの商品の持つ関連ワード「腰痛改善」などで同様に検索してみます。

そして何をチェックするかというと、PPC広告の数と検索結果にでてきたアフィリエイトサイトの数です。

私の選んだ腰痛解消の商品をアフィリエイトしている人が1ページ目だけでも十件程度確認できます。

ライバルが多いからやめようか…

というわけではなく

売れる商品だからアフィリエイトしている、広告を出稿している

と前向きに考えます。

後々ライバルはいくらでも減らせますので現時点ではライバルウェルカムといきましょう。

振り返ってみて

初回は商品選定をしてみました。

淡々と記事を書いているようですが、実際にアフィリエイト商品を選定していると魅力的な商品が多くて迷う事が多かったですね。

売るべき商品が決まっている実際私が本業で行っている現場よりも、紹介する商品を選べるアフィリエイトは本当に魅力的ですね。

アフィリエイトを本業とされている方々が羨ましい!

アフィリエイトは売れる商品を紹介することが報酬を伸ばす大前提だと思います。

あなたはじっくりと時間をかけて売れる商品を選定してみてくださいね。

次回はサイトコンテンツ設計をしていきます!

コメントを残す

このページの先頭へ