鯉のぼりが販促ツール!?

鯉のぼり

休日に車を走らせていたら靴屋さんの前で父の日、靴の日と書かれた「ノボリ」が目に入ってきました。

なかなか考えられたコピーだなぁと感心していると、今度はマンガ喫茶にランチ105円のノボリが立っていました。

105円って…
いったい原価はいくらなんでしょう^^;

普段、あまり気に留めたことが無かったノボリですが結構色んな販促戦略が埋め込まれているようです。

コンビニの入り口前には美味しそうな絵と共に「高級マスクメロンパン」

ラーメン屋さんの入り口には、炎のイメージが入った「ラージャオ麺」

魚屋さんの沿道に、赤背景の白文字で「本日 大売出し」

 

など、色んなノボリを確認できました。

来店されるお客様の意識にあわせたノボリが作られてあって非常に参考になりました。
ここからが販促の響きです

まず、まだ来店を考えていないお客様へアプローチするために

場所:沿道など目立つところに配置
コピー:

  • 「父の日、靴の日」は、父の日に何をプレゼントしようかなと考えている人達や、父の日の存在を思い出してもらったうえでの「父の日に靴どうですか?」といったアプローチ
  • 「本日大売出し」は今日だけですよ!という限定性でPR

来店を決めた人へ
場所:必ず目にする入口へ具体的な商品名とイメージを記載
コピー:

  • 「高級マスクメロンパン」の場合は、新商品のPR
  • 「ラージャオ麺」の場合は、有名な醤油ラーメンの他にもラージャオ麺を試してもらってファンの拡大

というような狙いがあるのかなと感じました。
私だったらどんなノボリを作るかなぁ~と

 

仮に焼き肉屋さんを想定して考えてみました。

焼肉屋さんの名前は「米牛」

べたでスミマセン…

米牛さんは米沢牛専門の焼き肉屋さんです。

駅前の激戦区で商売をしています。

観光客をメインに集客したいと考えています。

 

ノボリを設置する場所は、沿道の目立つところへ複数本、そして入口の両脇へオススメ商品をアピール

欲張りでしょうか?

でもノボリには賑わいを演出する効果があるので、やっぱりたくさん設置したいですね♪

コピーは

  • 食べログランキング1位獲得の米沢牛専門店
    ⇒旅行者のほとんどはスマホで食べログをチェックしている
  • 米沢牛の希少部位が食べられるのはココだけ!
    ⇒他店との差別化
  • 贈答用の米沢牛 即日発送可能!
    ⇒旅行者はお土産を考えますよね

の3点セットでアピール

入り口には

  • 地元で大人気!1日限定10食の米沢牛ランチセット
    ⇒私も食べてみたい^^

イメージは

  • 美味しく焼かれて肉汁が滴るお肉
  • 綺麗にパッケージされた贈答用の米沢牛

など、最終形がいいのではないでしょうか

カワイイ牛の絵と共にお肉が売っていたりすると、どうしても情が移ってしまって購入しづらくなります。

アスパラの牛肉巻きとか、チンジャオロースなど 調理したイメージの方が断然食欲がでませんか?

 

何気なく設置されているノボリ

しかし、場所や高さ、コピー、イメージ、色んな思いが凝縮された濃いノボリなんですね。

皆さんどう思いますか?

コメントを残す

このページの先頭へ